【海外:ロシア】日本漫画・アニメ「NARUTO(ナルト)」でまさかの「キャラクター殉死者」が出た!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

ロシアにある街、チャイコフスキー。あの世界的に有名な作曲家・チャイコフスキーから名付けられたこの街で、日本にまつわる衝撃的事件が起きてしまった。

 

なんと、あの大人気漫画・アニメ「NARUTO」(作者:岸本斉史さん)で自殺者が出てしまったのだ。

(画像:Daily Mailより)
具体的には、テレビアニメの「NARUTO ハリケーン・クロニクル」の登場キャラクターである「うちはイタチ」が死んでしまったことで大ショックを受け、その後絶望した14歳の少年がアパートの100フィート(約30メートル)高さのところから飛び降りて自殺してしまったのだ。
捜査の結果、自殺したのはレオニード・フメルフくんだと判明した。

(画像:Daily Mailより)
レオニードくんはイタチの死を見た後、利用しているSNSのページに「死のうと思う」とコメントを投稿。その後レオニードくんが家に戻らないのを心配した両親が近所の隣人たちと捜索を開始したが、行方不明になってから二日後、遺体が発見されたのだ。

 

「私はいつも言ってたんですよ、テレビを見過ぎるなと。きっと現実とフィクションの区別がつかなくなってしまったんでしょう」とレオニードくんの父親はコメントしている。

 

十代の若者の自殺件数が世界第三位というロシア。
日本の世界に誇れる漫画・アニメという文化がまさかこんな形で図らずも自殺に関与してしまうとは・・・。

 

【記事:猫姫】
参照元:Daily Mail

 

【関連記事リンク】
【海外:ロシア】衝撃!!修道院の敷地内で売春が行われていた!!
【ネットトレンド】ロシアで、14歳少女が覆面をかぶり銀行強盗 家出資金を稼ぐため
【ウクライナ】アニメキャラメイクの美女に驚きの声

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket