日刊テラフォー
 日刊テラフォー

ズボンを履くことを拒み、スカートを選んだ男性の悲しい物語

海外ニュース
エンタメ
おもしろ動画
生活・文化
アニメ・ゲーム
アクセスランキング トップ10










記事検索
コンテンツ提供先一覧
お問い合わせ



ズボンを履くことを拒み、スカートを選んだ男性の悲しい物語

このエントリーをはてなブックマークに追加
ロシア
(画像:oddity centralより)
ロシア中部イバノボ市出身のウラジミール・フォミーンさん(44)は、ちょっとした有名人だ。と言うのも、彼はズボンを着用することを拒否し、女性の服を着て日常生活を送ろうとしたところ、在籍していた大学から追い出されてしまったからだ

ズボンよりもスカートやワンピースを着たい男性は、今や何もウラジミールさんに限ったことではなく、世界中にそういう人はいる。だが、彼はゲイや性同一性障害者ではないし、志茂田景樹のような変わったファッションセンスの持ち主でもない。
では、なぜ彼は女性の服を着たいのか?それは、男性も女性のように、自分が着たい服を自由に着る権利を主張する為だ

かつて、女性達が着るのを許されていたのはスカートのみで、女性がズボンを履くなんて考えられなかった。だが今は、女性もズボンを履くことを許されている。それなのに何故、男性がスカートを履いてはいけないのだ!そう思うことは、何もおかしくないはずだ!ウラジミールさんは、そう主張したいのだ。

もっともな意見だ。筆者自身もそうだが、ずっとそう思っていた人は多いと思う。
だが、この主張が彼にもたらしたものは、賛同者どころか、トラブルだけだった。
イバノボ数学大学で最も優秀な学生の一人で、奨学金までもらっていたにも関わらず、彼は大学から追放されてしまった。友人や親戚は彼のことを遠ざけ、地元の人たちは口頭で彼のことを罵ったり攻撃したりした。
すべての理由は、彼が女性の服を着て街中を歩くから。

それでも、ウラジミールさんは挫けなかった。男だって、自分が着たい服を好きなように着る権利がある!と女性の服を着て生活をし続けている。いつか、後ろ指を刺されることなく、男性もスカートを履いて自由に街を歩けるようになることを望み、その時に備えて、彼のクローゼットには、お気に入りの女性服がもう30着以上もある
ロシア
(画像:oddity centralより)
そんな彼にも妻と子供がいて、時にはズボンを履いたこともあったが、とても履き心地が悪いという。体を締め付けるズボンは、女性にとっても男性にとっても良くない、と彼は主張している。
また、変人扱いされることなく堂々とスカートが履けるスコットランド人や、古代ローマ人やギリシア人を、とても羨ましく思うと、話している。

彼のこの考え方に同意している人は実は大勢いて、1,000人近くの人が自らをウラジミールさんのファンだと言っている。だが、残念ながら、ウラジミールさんの真似は、怖くて出来ないのだそうだ。

女性の服を着る彼を雇ってくれるところはなく、現在の彼の唯一の収入源は、庭で栽培している野菜だけだ。もうそこまで来ている冬がやってくると、もうどうにもならない。それでもやっぱり、ズボンを履くつもりはないと、言い切る。

【記事:りょーこ】
参照元:oddity central

【関連記事リンク】
【ネットトレンド】女子高生の姿で女子高生の尻を触った男、逮捕「あなたとふれあいたい」
【AKB48】ミッツ・マングローブ炎上
【海外:イギリス】「ピチピチズボンは禁止!」の校則で生徒と親から大ブーイングの嵐

Amazon.co.jp : ロシア に関連する商品
  • 【アニメ】「暁のヨナ」第12話「目隠しの龍」(ネタばれ注意)(12月24日)
  • 【海外:eBay】去年の溶けた雪だるま、販売中!(12月23日)
  • 【海外:スポーツ】「ちくしょう!」で悪態をついたサッカー選手に出場停止!(12月23日)
  • 【海外:iPhone6】ぐつぐつ煮立つコーラの中にiPhone6を落としたら…?(12月23日)
  • 【海外:世界記録】釣竿1本で、565㎏のサメを捕獲!世界記録更新(12月23日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    新着ニュース30件