日刊テラフォー
 日刊テラフォー

【海外:オランダ】2人の男性が『お産の痛み』に挑戦→2時間でギブアップ

海外ニュース
エンタメ
おもしろ動画
生活・文化
アニメ・ゲーム
アクセスランキング トップ10










記事検索
コンテンツ提供先一覧
お問い合わせ



【海外:オランダ】2人の男性が『お産の痛み』に挑戦→2時間でギブアップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
生活・文化
(画像:daily mail)

最近では、出産前の母親学級などで、夫がお腹に重りをつけて、妊婦の大変さを体験できる機会も多い。そして出産にも立会い、激痛に耐え抜いて子を出産する妻に、夫達は尊敬の念を抱くことだろう。
だが、それだけでは不十分だ。大きなお腹を抱えて何ヶ月間も不自由な期間を過ごした後に迎える出産が、どれだけ痛いか、男達は体験していない。

オランダのテレビ番組の企画で、勇気ある2人の男性デニスさんとヴァレリオさんが、お産の痛み体験に挑戦した。

「お産は、人生の中で一番痛かった」と女性が言っているのをよく聞いていた2人は、ある程度の痛みは覚悟して、体験に望んだはずだった。
だが、実際の痛みは想像を超えるものだったようだ。

お産の痛み体験は、電極をお腹に付けて、電流を流すことによって、お産の時の陣痛の痛みを再現する
ヴァレリオさんは、電極の準備をしている看護師の女性に、
「僕らが痛くて叫び出すと思う?」
と尋ねた。
「もちろん、100%叫び出すわよ」
と看護師が答えた通り、電流が流れ始めると、ものの数秒で2人は痛みに体を折り曲げ、痛みにのた打ち回り始めた
果敢にも2人は冗談を言ったりしながら、陣痛の実況中継をしたが、顔は苦痛にゆがみ、まったく余裕は感じ取れなかった。

2時間後、2人はギブアップし、「想像していたよりもずっと痛くて、拷問だった」と感想を述べた
だがもちろん。実際のお産は2時間では終わらないことがほとんどだ。場合によっては、10時間以上も陣痛が続く事だってある。女性はギブアップしたくても、できない。
そんなお産を経るからこそ、子を持つ母は強いのだ。

母親学級に、妊婦体験だけでなく、お産体験も加えたらいいのに。

【記事:りょーこ】
参照元:daily mail

【関連記事リンク】
【ネットトレンド】通称デスブログ:東原亜希さんのブログ「2012年ありがとうございました!!」 ネットの声「やめろ、本気でやめろ」
【ネットトレンド】「東原亜希はブログに柔道のこと書かないで」柔道関係者懇願 デスブログとして認知
【東原亜希】パンダの死とデスブログの因果関係

Amazon.co.jp : 生活・文化 に関連する商品
  • 【アニメ】「暁のヨナ」第12話「目隠しの龍」(ネタばれ注意)(12月24日)
  • 【海外:eBay】去年の溶けた雪だるま、販売中!(12月23日)
  • 【海外:スポーツ】「ちくしょう!」で悪態をついたサッカー選手に出場停止!(12月23日)
  • 【海外:iPhone6】ぐつぐつ煮立つコーラの中にiPhone6を落としたら…?(12月23日)
  • 【海外:世界記録】釣竿1本で、565㎏のサメを捕獲!世界記録更新(12月23日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    新着ニュース30件