日刊テラフォー
 日刊テラフォー

【海外:奇病】クリスマスなんか大嫌い!クリスマスツリー症候群

海外ニュース
エンタメ
おもしろ動画
生活・文化
アニメ・ゲーム
アクセスランキング トップ10










記事検索
コンテンツ提供先一覧
お問い合わせ



【海外:奇病】クリスマスなんか大嫌い!クリスマスツリー症候群

このエントリーをはてなブックマークに追加
「オレ、クリスマスツリー症候群なんだ」と言われたら、きっと誰もが、「クリスマスに恋人がいなくて寂しいってことね!」と思うだろうが、実は『クリスマスツリー症候群』という病気は、実在する本当の病気だ

生活・文化
(画像:Mirror)

クリスマスと言えば、ロマンチックなイルミネーションに美味しい料理、プレゼントなど楽しいことで一杯だが、中にはこの時期になると、くしゃみ・鼻水・咳・喉の痛み・目の痒みなどのアレルギー症状に悩まされ、憂鬱な日々を過ごしている人もいる

イギリスでテレビのニュースキャスターとして活躍しているデイビッド・バスさん(26)も、クリスマスツリー症候群に悩まされている人々の中の一人だ。

「発症したのは、4年前でした。ちょうど新しいアパートに引っ越した時で、(プラスチックではなく)本物のクリスマスツリーを買いました。それからすぐに飾り付けを始めたのですが、鼻水が出始めて、鼻が痒くてしかたなくなりました。目も赤く、涙目になりました。春になる花粉症のようでした。」

デイビッドさんは15歳の頃から花粉症になり、年々ひどくなっていた。しかし、花粉症が起こるのは春だけだ。その症状が突然真冬に起こったので、デイビッドさんは困惑した。

最初は風邪だと思っていたが、やがて、昔からクリスマスの時期にいつもアレルギー症状が出ていたことに思い当たった。特にツリーの近くにいた時は、症状がひどかった気がする。

このクリスマス時期の花粉症の症状が、『クリスマスツリー症候群』と呼ばれている。
これはツリーに付着しているカビが原因で引き起こされているアレルギー症状で、クリスマス時期に、本物のモミの木を飾る習慣があるヨーロッパで多く報告されている


対策としては、本物の木ではなくプラスチックのツリーを飾ることが一番なのだが、この時期至る所にツリーが出現するヨーロッパでは、逃れようがない。

デイビッドさんも自宅のツリーはプラスチックの物に買えたが、職場や街にはいつも生のクリスマスツリーが飾られているため、症状はまったく改善していない。
また、『クリスマスツリー症候群』なんて言っても、周りの人は本気で捉えてくれないことが多いのも、辛い所だ

クリスマスで浮かれている友人達を尻目に、最近、鼻水や目の痒みが止まらないアナタも、もしかしたらクリスマスツリー症候群かもしれない。ツリーから離れてみたら、少し調子が良くなるかもしれない。

【記事:りょーこ】
参照元:Mirror

関連記事
【海外:奇病】セックスが怖い!ロマンス映画すら恐怖に感じるセックス恐怖症
【海外:奇病】血の涙と汗を流す少女が本物の愛を見つけて、婚約!
【海外:奇病】後天性サヴァン症候群:頭を強打→眠っていた才能が開花、音楽の天才に!
Amazon.co.jp : 生活・文化 に関連する商品
  • 【アニメ】「暁のヨナ」第12話「目隠しの龍」(ネタばれ注意)(12月24日)
  • 【海外:eBay】去年の溶けた雪だるま、販売中!(12月23日)
  • 【海外:スポーツ】「ちくしょう!」で悪態をついたサッカー選手に出場停止!(12月23日)
  • 【海外:iPhone6】ぐつぐつ煮立つコーラの中にiPhone6を落としたら…?(12月23日)
  • 【海外:世界記録】釣竿1本で、565㎏のサメを捕獲!世界記録更新(12月23日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    新着ニュース30件