日刊テラフォー
 日刊テラフォー

【海外:ネコ】3000㎞離れた引っ越し先で36日ぶりにネコ発見―ネコが隠れていたのは予想外の場所

海外ニュース
エンタメ
おもしろ動画
生活・文化
アニメ・ゲーム
アクセスランキング トップ10










記事検索
コンテンツ提供先一覧
お問い合わせ



【海外:ネコ】3000㎞離れた引っ越し先で36日ぶりにネコ発見―ネコが隠れていたのは予想外の場所

このエントリーをはてなブックマークに追加
飼い主の引っ越し時期から行方不明になっていたネコが、36日ぶりに発見された。それも、引っ越し荷物の箱の中から!

TR
(画像:Mirror)

バース一家がペットのミーがいないことに気が付いたのは、ちょうど引っ越しの準備をしている時だった。
一家は、アメリカ・バージニア州からマウイ島へ引っ越すところだった。

もちろんミーも一緒に連れて行く予定だったため、一家は引っ越し荷物を送った後も、空っぽの家の中でギリギリまでミーの帰りを待った。

だが家族の希望も虚しく、ミーは帰宅せず、ミーがいなくなってから3日後に、一家はマウイ島へと旅立った。

しかし、それから36日後、船便で送った引っ越し荷物がマウイ島の家に届いた時、一家はびっくり仰天することとなる。
荷物のなかから、「ミャー」という鳴き声が聞こえてきたのだ。

「荷物を運んできたお兄さんが『この音は何だろう?』と言ったんです。私の心臓は一瞬止まりました。『そんなの、絶対にあり得ない!』って思いましたよ。そしたらまた、鳴き声がしたんです。お兄さんは、『ネコじゃないですか?』って言ったんです。」
と、母アシュレーさんは、その時のことを興奮気味に振り返る。

驚くべきことに、10歳のミーは、食べ物も飲み物もない密封された箱の中で、1ヶ月以上も生き延びていたのだ。
箱の中から発見されたミーは、体重は半分に落ち、目は閉じたままで、かなり弱っていた。


ミーが生きていたことに大喜びした一家だったが、ミーは適切な予防接種を受けていなかったため、3ヶ月間検疫所で暮らすことを余儀なくされている。

【記事:りょーこ】
参照元:Mirror

関連記事
【海外:ネコ】迷子ネコ、12年後に元気に帰宅!
【海外:アメリカ】お帰り!320km離れた旅行先から2ヶ月掛けて飼い主の元に戻ってきた、奇跡のネコちゃん
【海外:動物】迷いネコ→ここにいるニャン!
Amazon.co.jp : TR に関連する商品
  • 【海外:動物】オラウータンに人間の権利と動物園からの解放が授与される(12月25日)
  • 【海外:イギリス】逆リベンジポルノ:フラれたママがネットでセクシーショットを披露してスターに!(12月25日)
  • 【海外:フランス】バスタブにハマって抜けなくなった老人、6日間水道水で飢えを凌ぐ(12月25日)
  • 【海外:スイーツ】クリスマスプレゼントはアンティグア車―と思ったら実はクッキー!(12月24日)
  • 【海外:珍商品】世界一高価なベルトのバックル、車より高い!(12月24日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    新着ニュース30件