日刊テラフォー
 日刊テラフォー

【海外:アメリカ】14年間外部との接触を絶って暮らす逃亡一家

海外ニュース
エンタメ
おもしろ動画
生活・文化
アニメ・ゲーム
アクセスランキング トップ10










記事検索
コンテンツ提供先一覧
お問い合わせ



【海外:アメリカ】14年間外部との接触を絶って暮らす逃亡一家

このエントリーをはてなブックマークに追加
アメリカ・テキサス州に、人里離れた場所で外部との接触を絶ち、14年間暮らし続けている一家がいる。
一家は、祖父が保釈中に失踪し、この地に入った法務執行役員は殺すと脅してからずっと、ここで暮らしている。

TR
(画像:Mirror)

一家が暮らす47エーカーの土地には、電気も水道も通っていない。農作物や家畜を自分たちで育て、自給自足の生活を送っている
一番幼い孫以外は全員、常に銃を持ち歩いている。

1999年、ジョン・ジョーさんは、スピード違反で逮捕された。その時に、銃愛好家だったジョン・ジョーさんの車内から、複数の強力ライフルが発見された。
さらには、テキサス州の道路爆破計画を記した紙片も発見された。

車から降りるように命じられたジョン・ジョーさんは、警察官に噛みつき、警察官の銃を盗もうとした。

ジョン・ジョーさんは暴行罪と警察の銃を奪おうとした罪で起訴された。

だが、2000年5月の出廷日に、ジョン・ジョーさんは裁判所に現れず、逃走した。自分が持っていた銃を譲り渡すことだけは、したくなかったからだ。

「銃がなければ、何もできません。家族を守ることも、家畜を守ることも。私たちは、銃を持つことを諦めません。」
ジョン・ジョーさんの息子ジョナサンさんも、父の考えに同意する。

それからジョン・ジョーさんは、妻のアリシアさんと3人の子供達、エリザベスさん、ルースさん、ジョナサンさん、さらにジョナサンさんの当時妊娠中だった妻と3人の子供達と共に、人里離れた地で暮らし始めた。
ジョナサンさんの妻がこの地で生んだ子供は今、13歳になった。

銃刀法違反の令状を取って警察がこの地に突入することは可能だが、その場合、確実に銃撃戦となり、子供達が傷つく。
警察当局はそれを避けるため、この14年間、一家の土地へ足を踏み入れてはいない。

ジョン・ジョーさん(66)は、こんな風に家族が大きくなってきたことを、とても喜ばしく思っている。彼の子供達も、自分の意思でこの生活を始めた。

だが、孫たちは違う。外部の人々と接触できない生活は、孫たちにとっては不憫にも感じられる。

外部との接触がない孫たちの言語能力は限られており、あまり多くの会話を楽しむことはない。

孫たちはそれぞれに、小さい頃、まだこの地へ来る前の生活をもい出しながら、ショッピングモールへ行ってドレスを買うこと、友達をたくさん作ることを夢見ている。

この地で生まれた一番下の子は、一度も一家の土地の外へ出たことがない。
「私はただ、外へ行って世界を見てみたい。そしてまた、ここへ戻って来るの。」

一家の生活の様子は、12月9日にアメリカのテレビ番組で初めて紹介された。
きっと、大きな反響があったに違いない。

【記事:りょーこ】
参照元:Mirror

関連記事
【海外:オランダ】住民が全て認知症の村
北へ向かった傷心のイギリス人男性、人里離れた極寒の地で新たな幸せを見つける
【海外:ブラジル】全住民が若い美女の町が世の独身男性たちへ大アピール!「お婿さんに来て~!」
Amazon.co.jp : TR に関連する商品
  • 【海外:動物】オラウータンに人間の権利と動物園からの解放が授与される(12月25日)
  • 【海外:イギリス】逆リベンジポルノ:フラれたママがネットでセクシーショットを披露してスターに!(12月25日)
  • 【海外:フランス】バスタブにハマって抜けなくなった老人、6日間水道水で飢えを凌ぐ(12月25日)
  • 【海外:スイーツ】クリスマスプレゼントはアンティグア車―と思ったら実はクッキー!(12月24日)
  • 【海外:珍商品】世界一高価なベルトのバックル、車より高い!(12月24日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    新着ニュース30件