日刊テラフォー
 日刊テラフォー

【海外:イギリス】1年間毎日良い事をしてみた男性、その結果得られたものは…?

海外ニュース
エンタメ
おもしろ動画
生活・文化
アニメ・ゲーム
アクセスランキング トップ10










記事検索
コンテンツ提供先一覧
お問い合わせ



【海外:イギリス】1年間毎日良い事をしてみた男性、その結果得られたものは…?

このエントリーをはてなブックマークに追加
イギリス・チェルトナム在住のルーク・キャメロンさん(26)は、この1年間毎日善行を行ってきた。その結果、彼の生活はまったく違うものになったという。

TR
(画像:Oddity Central)

ルークさんは、昨年友人を癌で亡くした時、ある一つの誓いを立てた。
毎日少なくとも一つ、良い行いをしよう。」

それを実行するため、ルークさんはこの1年間で3000ポンド(約56万円)を使った。

「僕たちの世代は、セルフィや新しく買ったバッグをSNSに載せることばかりに夢中で、他人を思いやる気持ちを忘れてしまっています。」

そう話すルークさんは、TheGoodDeedDiary.comというウェブサイトを立ち上げて、そこに毎日自分が行った善行を書き込んだ。

近所のお年寄りに代わってゴミ捨てをした、家族と友人達のためにケーキを焼いた、自分の横でガス欠停まってしまった車の所有者に代わってガソリン代を払った…

ルークさんの行いに共感を示す人は徐々に増え、今ではFacebook で12,000人、Twitterで6,000人がルークさんをフォローしている。

その一方で、アンチ・ルーク派も出現した。
「良いアイデアだと思うよ。でも、なんで自分の善行を世界中に知らせる必要があるのさ。」
「カメラがないところでも、あなたが本当に親切か疑わしい。」
こんな、辛辣な意見も寄せられた。

それでも、ルークさん自身は気にしていない。
「ほとんどの人が、僕に賛同してくれますが、アンチ派も僕は好きです。アンチ派がいることで、リアリティが出てきますしね。他の人の意見には拘らないようにしています。」

ルークさんが善行を行おうと決めたのは、何か見返りを求めてのことではなく、純粋に亡くなった友人マウラさんに影響を受けたからだった。

「マウラは、僕の母みたいな存在で、今まで僕が出会った女性の中で、最高に素晴らしい女性でした。近所の人が食べ物がなくて困っていれば、自分のサイドのジャガイモをあげるような人だったのです。彼女は、全人生を自分の周りの人を助けることに捧げました。彼女のお葬式には、4000人もの人が参列しました。」

さて、1年間の善行を通して、ルークさんの生活はどう変わったのか。

まず、その行いを評価されて、様々な団体から賞を受けた。その賞金の一部として、2015年は英国中の45ヶ所のチャリティ施設を訪問することが決まっている。

僕は、この1年で、人を助けることで、自分もどれだけ救われるかを学びました。このことを、もっとたくさんの人に知ってもらいたいと思います。」

ルークさんはもう1年、1日1個の善行を続けることにした。

【記事:りょーこ】
参照元:Oddity Central

関連記事
【海外:感動ドッキリ】ホームレスに見せかけて、施しをくれた人全てにお金をあげた男、その意図は…
【海外:カナダ】親切なホームレス、手にしたスマホを持主に返し、持主と連絡を取る為に電話を掛けたことを謝る
【海外:カナダ】なんて太っ腹!当たった宝くじ39億円を全額寄付!
Amazon.co.jp : TR に関連する商品
  • 【海外:動物】オラウータンに人間の権利と動物園からの解放が授与される(12月25日)
  • 【海外:イギリス】逆リベンジポルノ:フラれたママがネットでセクシーショットを披露してスターに!(12月25日)
  • 【海外:フランス】バスタブにハマって抜けなくなった老人、6日間水道水で飢えを凌ぐ(12月25日)
  • 【海外:スイーツ】クリスマスプレゼントはアンティグア車―と思ったら実はクッキー!(12月24日)
  • 【海外:珍商品】世界一高価なベルトのバックル、車より高い!(12月24日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    新着ニュース30件